イラスト ご質問コーナーイラスト

下記以外の質問がございましたらメール(ここをクリック)
TEL0749−20−1982 FAX0749-20-1983にてお願い致します。

 拝観料について教えて下さい。
 拝観料はお布施・ご志納にあたるもので、参拝者が喜んで差し出すものだそうです。
         清水寺の200円から西芳寺(苔寺)の3,000円の様にいろいろで・・・一般には
         500円が多い様に思います。又、身障者、高齢者割引等がありますので、証明書
         を持参して下さい。

 観光コースは自由に決めていいのですか?
 もちろんです。お客様がお考えになった、コース・時間でご利用下さい。
         とりあえず当方で作ったコースをいくつか載せてありますが、参考にして頂ければ
         幸いです。
         お客様が以前行かれた所が含まれていたり、このコースにこの社寺を入れたい
         6時間の予定の観光が、用事が出来たり又気分が悪くなる等して予定の時間が
         短くなってもお客様の旅行です。ご遠慮なくお申し出下さい。

 お迎え場所はどこでもいいのですか?
 私どもは、お迎え料金を頂いておりません。京都市内でしたら可能な限り何処でも
         お迎えに上がります。最近、年輩の方、京都に馴れてない方は鉄道のホームへの
         お迎えを希望される場合も多くなりました。しかし、空港や奈良・滋賀方面へもお迎
         えにあがりますが1時間〜2時間のお迎え料金を頂く事があります。ご相談下さい。

 社寺の説明はして頂けるのですか?
A 当方の所属ト゛ライハ゛ーは60数名いますが、年に数度の観光研修や、自ら勉強する様
         にしています。お客様によっては「駐車場の方で待っていてくれ」と言われる時も
         ありますが、私共の基本は、お客様と一緒に社寺に入場し、出来る限りの説明を
         させて頂く事です。

 見積もりはしていただけますか?
 見積もりだけでもどうぞ。詳しくお答え致します。

 拝観料の他に必要な費用は?
 拝観料の他に、駐車料金や高速料金、ドライブウェイ料金です。

 キャンセル料はかかるのですか?
 キャンセル料は頂きません。しかし当日のキャンセルは辛いものがあります。
         出来る限りお早めにご連絡下さい。

 車椅子があるのですが?
 トランクに入る物であれば、車椅子でも大歓迎です。又、数は少ないですが
         こちらで用意する事も出来ます。おたずね下さい。

 定期観光バスとの違いを教えてください。
 定期観光バスとの違いは何と言っても、自分の時間で観光出来る事でしょう。
         行きたい社寺・特別な買い物や、手ぶらで古都の町を散策出来る事も魅力です。
         又3人以上なら、かえってタクシーの方が安いです。
         例えば、京阪定期観光バスで『京の一日』コースを3人で乗ると20,100円になります。
         それも平安神宮・金閣寺・銀閣寺で、食事は嵐山の自由時間の時、個々人で取ると言う
         ものです。タクシーなら、6時間利用して540円のお釣りがきます。
         拝観料は500円かかりますが、ゆっくり自分のペースで拝観が出来ます。

 土産はどの様な物があるのですか?
 手工芸品・お香・陶器・扇子・お漬物屋は百数十社もありドライバーにより紹介する所は
         いろいろです。このホームページの菓子・漬物コーナーも参考にして下さい。  

 混雑を避けたいのですが・・・。
 4月・10月・11月の土・日・祝で特に11月はドライバーも頭の痛い混む時期です。
         この様な時期は少しでも早めの行動と、ドライバーとよく廻るコースの相談をして下さい。

 早朝観光は何時から出来るのですか?
 一番早く開門するのが清水寺の6時です。南禅寺や真如堂、神社は境内を自由に
         散策できるので紅葉シーズンはお薦めです。

 昼食は、いくら位で、どの様な物があるのですか?
 2,000円から4,000円ぐらいの弁当が多い様に思います。
         定番の湯豆腐・ゆば・生麩や洋風会席、町家で中華料理等様々です。
         そば・うどん屋、若い方はラーメンもいいんじゃないですか。
         お好み焼きもばかに出来ませんよ。

 ト゛ライハ゛ーの昼食は、どうしたら良いのですか?
 お気持ちだけで、じゅうぶんです。

 京都に雪は降るのですか?
 私が学生の頃にはよく降り沢山積もったものです。でも最近は、あまり降らず積もら
         ずです。しかし、底冷えは相変わらずです。

 homeへ戻る   TOPへ戻る