homeへ戻る 観光貸切タクシーへ戻る コースへ戻る



京都の紅葉を写真で紹介はここをクリック・・・ご参考にどうぞ


もみじイラスト紅葉コース3〜9時間

Aコース 3時間 紅葉コース絵地図

東福寺 東福寺
公家・九条家の氏寺で
通天橋から見る渓谷・洗玉潤
には、開山した弁円上人が宋
より持ち帰ったと伝える、葉が
三つに分かれて黄金色になる
楓があり、約2000本の紅葉
が11月中旬頃に見頃になり
ます。
清水寺 清水寺
清水の舞台から見る錦雲渓は
春は桜、初夏は楓の緑、秋は
新高雄とも呼ばれ、その紅葉
の素晴らしさは、まるで絵に
描かれた情景です。
高台寺 高台寺
北政所が家康の援助を得て
夫秀吉の菩提を弔う為に建立
した寺です。開山堂前にある
小堀遠州の作と伝える
池泉式観賞庭園の鶴亀の池に
映る紅葉が素晴らしい。

Bコース 6時間コース絵地図

東福寺(Aコース参照)
東福寺
東福寺
南禅寺 南禅寺
『絶景かな、絶景かな』の名
せりふで有名な石川五右衛門
が住んでたと言われている
三門がある当寺は臨済宗を
統制する為に五山制度が設け
られると第一になった寺です。
三門に乗って見る紅葉には
思わず『絶景かな』って・・・。
永観堂 永観堂
もみじの永観堂と言われる程
の見事な紅葉です。ただ11月
の休日は避けたいものです。
お身丈77センチの
みかえり阿弥陀でも有名です。
真如堂 真如堂
最古とされる京都六阿弥陀仏
の一つがあり
堂々とした三重塔が紅葉の中
にそびえています。
境内は自由に散策ができ
観光バスが入ってこられない
ので穴場です。
光悦寺 光悦寺
紅葉・萩・すすきに彩られる庭
には七つの茶室があります。
竹を斜めに組んだ光悦垣の前
で思い出の写真を。
入り口だけでも行った甲斐あり
です。
高桐院 高桐院
大徳寺の塔頭の高桐院は
細川家の菩提寺lです。
頭上高く楓の茂る参道は幽玄
に満ちています。
千利休が愛用した六角形の
石燈籠は細川三斎公と
ガラシャ夫人の墓石として
使っています。
龍安寺 龍安寺
応仁の乱の東軍の大将
細川勝元の菩提寺です。
石庭で有名ですが、桜の頃も
紅葉の頃も鏡容池に映る木々
が素晴らしい彩を見せてくれ
ます。

Cコース 9時間コース絵地図

神護寺 神護寺(高尾)
四百段余りの石段は辛いものの
登りきれば、清滝川の渓谷の
錦雲渓を埋め尽くす高雄楓の紅葉
の美しさには驚嘆の声をあげてしま
う程です。渓谷に向かって投げる
かわらけ投げで厄除されては
いかがですか。
天龍寺 天龍寺
夢窓疎石の作庭と言われる
漕源池庭園は背後の亀山を巧みに
取り入れた池泉式廻遊庭園です。
方丈から見る紅葉も絶品です。
常寂光寺 常寂光寺
仏教浄土の一つ常寂光土の感が
あると言うことで名づけられた寺名
です。
境内は楓で埋まり、嵯峨野きっての
紅葉の名所です。
仁和寺 仁和寺
遅咲きの御室桜で有名ですが
書院前庭園は江戸中期の作と伝
え豪華な滝組の池泉式廻遊庭園
です。
五重塔のある境内は自由に散策
出来るので立ち寄ってみては。
龍安寺(Bコース参照)
龍安寺
光悦寺(Bコース参照)
光悦寺
赤山禅院 赤山禅院
御所からは北東の位置にあり
表鬼門にあたるため、方除け・厄除けの祈願所
としている所です。参道と境内は楓に埋め尽くされ
見事な眺めです。
真如堂(Bコース参照)
真如堂
高台寺(Aコース参照)

東福寺(Aコース参照)
東福寺

Dコース 6時間コース絵地図

金蔵寺 金蔵寺
桂昌院によって再興された寺
です。善峰寺と並ぶ紅葉の名所
ですが、本堂に至るまでの道が
狭いのが難点です。
行かれるのでしたら午前中に。
裏もみじが超綺麗!
善峰寺 善峰寺
樹齢600余年の遊龍の松でも
有名ですが、京都を西から見る
絶好の展望所です。高雄より
綺麗と言う人もいらっしゃいます。
光明寺 光明寺
浄土宗西山派の本山です。
紅葉の寺と呼ばれ、ゆったりと
した石畳の表参道、出口に向か
う紅葉のトンネルの参道は圧巻
です。

Eコース 6時間コース絵地図

三千院 三千院
歴代59代の法主のうち32人
が法親王という格式高い
門跡寺院です。坂本の穴太衆
の組んだ重厚な石垣と紅葉の
トンネルをくぐると天台宗門跡
らしい重厚な門が現れます。
宝泉院 宝泉院
方丈の柱が額縁の様に見える
ことから通称、額縁の寺と
言われています。樹齢600年
を超える松と竹林、梅で松竹梅の庭とも・・・。
方丈の天井は血天井です
実相院 実相院
岩倉門跡と呼ばれる名利。
拭きこんだ床が赤く染まる。
そんな紅葉を見た事が
ありますか?
曼殊院 曼殊院
天台宗門跡で桂離宮の
縮小版の寺です。
一段と高い勅使門はいかにも
門跡寺院らしい風格を表して
います。その門に向かう参道
が紅葉のトンネルになります。

赤山禅院(Cコース参照)

TOPへ戻る